農家を営むH様が、建物の今後を考え始めたのは、2年前の事。
ご家族の中でいろいろと話し合い、一時は建て替えをご検討された事もあったそうです。
それでも、「110年間住みつがれたこの家をなんとか活かしたい!」という思いを、昨年 3月にご連絡を頂いたのが、このプロジェク.トの始まりでした!









築110年を超える建物は、隙間風がひどく、土埃や虫など容易に侵入できる状態で、たび重な る増改築やリフォームの影響から、住空間としての問題も多く、これから長く建物を使っていくためには、たくさんの問題を解決をする必要がありました。











特に、ご家族が生活で感じられている問題は、外部との境が明確でない生活環境・水回り設備の老朽.化・外部からの漏水・間取りの不便さなど、既存の建物の部分改修では、改善が見込めない問題が多く、解決方法の検討には、非常に時間を要しました。